故目の健康郷は天国に行ってきた

2017-08-17

が思い出される子供のころの私は、あの女の子は田舎で暴れ、頭突き二つの冲天炮にも,自由と孤独.彼女を助けに行き、彼女を助ける、彼女に付き添って話す、昔の家族のことを思うように、時々涙があふれている.

人ほど古い、心が赤で簡単に直面して、復雑で,目の健康、拙朴し円滑.世事はない譜は、やはり明き盲と感じて苦痛.知っては冬の雪売り、またできない堂·キホーテ、収まる沸騰採菊东篱だけで、水塘边釣り.

私は釣りが好きで、父に影響を受けている.小さい頃父は町で働いて、休みに家に帰って何回か釣れて.ミミズを掘り、フックに选钓杆、単にこれらの準備も私を夢中にさせる.私はいつも提げた塑料桶に、中のえさをまく.父は川のほとりで、柳の枝を掩護、私たちは匍匐に匍匐ている.父は刁子鱼利口で、緩急あれが飛び出して、話してはいけません、人気がないそれらを察知し.こんな釣りは儀式感に満ちている.だけが聞こえて父の鉤素振っ収め、潸潸音はリズムがあるから、時々帯と銀白色の光、それは魚が釣れる.1時間後には引け家路につく、昼食時の機の上に一杯刁子鱼の醤油煮.

故郷は少しずつに埋もれ、古跡は拆、汚水は.歴史が消えて、故郷は天国、生命は過去の壊死して、徐々に半身半身.今は田舎に帰って、獣に眠くなっても、どこにも行かない.常に小さな絵、約は希望過去不死、故郷は鮮やかに命を追跡、だろう.

私は姉によく私の授業をしていてはならない.学校は大きくて、もともとはお寺から数十級花崗岩の一種階段拾級で、高いハードルを乗り越え、巨大なホールに入って、過去に焼香礼拝所.講堂は四通八達リング吹き抜けに囲まれ、天井、庭の2古木.姉の教室は二階で、木の床の隙間はとても広いと、目に見える階下授業の学生で、私はいつも朝の隙間に痰を吐く.私は学校の年齢になって、この寺は急にぺしゃんこになって、教室は臨時に配置することしかできません.私の家の家屋の中央の部屋は広くて、れんが機、30、40人の小学生が座っている.私はもともと遠くに行って本を読むと、かばんを背負って、いっしょに歩いて、道を家でさえ、不幸で三年勉強して、ずっと.

その時の川の向こう側に

の好奇心と幻想世界、約10歳の夏、なんと泳ぎ過去、いそいそと登坂に堤を眺望する、と私にこちら爪に先まで似る気持ちがほとんどない、気落ちして、力で帰る.それから、いつも、どのようなところに行って、世界が違うのか.甚だしきに至っては遠縁にあたる人を羨む,それらの遠縁にあたる村に来て、どのみちかき混ぜて波、特に都会の子供、きれいでおしゃれ、レズビアン白い靴下配黒い靴、歩いて跳んだり跳ねたり話しぶり異様、人々は彼女を見詰めていたまた見ても憧れの眼差し.解放牌自動車、村のほうが、揚げだし.大人も子供も同じように新鮮なものが好きで、幻想と期待はしない.私はずっと自分で眠たいてそこにいることを感じて、子をからして