疲れ目の予防と対策

私たち人間は、視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚の五感を使って、外から多くの情報を得ています。また、その約90%が視覚である「目」による情報です。「目」は、一瞬で近くや遠く、明るい・暗いなどの情報を脳に伝えています。今このコラムをご覧いただいている皆さんの「目」の調子は、いかがでしょうか。今回は、「目」の健康のために必要なことをお伝えします。
私たちは、普段何気なくものを見ていますが、私たちの目にはものを見るための水晶体というレンズがあります。このレンズには、毛様体筋という筋肉が付いています。近くを見るときは毛様体筋が縮み、水晶体が厚くなります。遠くを見るときは毛様体筋が緩み、水晶体が平らになります。そうして、見ているものの距離に応じて、水晶体の厚みを変えてピントを調節しています。

そのため、近くを見続けると毛様体筋は常に縮み続け、疲労します。こうした状態が長く続き、目がかすむ、目が重たくなる、目が充血するなどの症状が現れることを、一般的に「疲れ目」といわれます。ひどくなると頭痛がする、吐き気がするなどの症状を伴い「眼精疲労」と呼ばれます。「疲れ目」は結膜炎、角膜炎、緑内障などの病気が原因で起こることもありますので、症状が長く続く場合は眼科を受診しましょう。

「疲れ目」の原因であるメガネやコンタクトレンズの使用者のうち、約6割がドライアイというデータがあります。集中してものを見ていると、まばたきの回数が減り、目の表面が乾き、充血や痛みなどが現れます。ものをよく見る作業の多い方は、1時間に約10分の休憩時間を設けることが理想です。休憩時には、軽く目を閉じたり、遠くを見るようにして毛様体筋の筋肉を緩めましょう。また、温かいタオルと冷たいタオルを交互に目の上に当てて血行を促進するのも効果的です。メガネやコンタクトレンズを作ってしばらくの間、眼科の検診を受けていない方は、度数が合っていないことによる疲れ目の可能性があります。定期的に眼科で検診を受けましょう。
レビトラ>レビトラの効果時間は、5時間~10時間といわれています。レビトラを服用後、「紅潮感」「目の充血」の症状があらわれることが一般的な副作用としてよくあります。