7月, 2016年

ツバメの目の健康巢の最優秀男滋陰補腎

2016-07-01

ツバメの巢の別名の燕菜

を金丝燕と同じ燕類を銜えて食海に小魚,海藻など生物の後を経て、胃の消化腺粘液分泌されていると绒羽筑垒で、巢の巢、多くの建築は島の断崖絶壁の上で、陸のツバメの巢のような形、故に名声 .その中には宫燕栄養価が最高で、最も高価.次は毛燕;血燕品質最差.

p>と<ツバメの巢は熊の手やフカヒレと並ぶ山海の珍味、高級宴会のごちそう、はまた1種の名の高級滋补品.これは豊富な蛋白質、100グラム当たり50グラム、多種アミノ酸、炭水化物、無機塩、ビタミンなどが含まれています.

ツバメの巢の利点の作用に優れ、凡そ長患い体虚,羸痩がだるい、ガス野暮な食者も少なく、それを滋补品として.食物こと』で:「精益の息、ツバメの巢に迷惑を補って、精と開いて、肺を潤すこと、止瀉髄長く、消痰涎などの効果.『本草綱目拾遺』によると、ツバメの巢の味の甘淡平、大飼って肺の陰、痰を止から補って、清、調理虚損瘵の妙薬.

ツバメの巢、持って病気を治療し、アンチエイジング効果摂生独立栄養.ツバメの巢とキクラゲ、適量氷砂糖で煮込んで従って、治療することができて、寝汗空せき、肺の陰虚症;ツバメの巢とエコマ慢火煮込みぼろぼろになって,目の健康、氷砂糖を溶け再煮込み、朝晩服の、老年慢性気管支炎を治療することができ、肺気腫、喀血など.

ツバメの巢を食べる前に、まず水で洗う度を入れはちじゅう℃のお湯で液体に浸してさん時間させ、膨張がゆるみ、そして用ピンセットを除いてはおじけづく絨の純を入れひゃく℃湯につかりいち時間程度を調理する.

(実習編集:刘秀琳)

よく耳を引っ張り上げが目の健康腎臓を補って保護ヒアリング

2016-07-01

" p " p>人は老年になって、陽気はますます衰弱になって、特に頭、外部の環境と接触して最も多い、だから多くの疾病はすべて“頭”が発生したのです.年の健康を守るべきだとして、高齢者は特に頭の健康を守るべきだ.

p〉〈時は髪<>
出す、血のこずえも.髪の血液循環、髪の毛の栄養を増加して、髪の毛の栄養を増加して、髪の毛の栄養を増加して、髪の毛の栄養を増加して.普段は鉄の多い食べ物をたくさん食べて.また、高齢者の皮脂分泌が相対的に減少,シャンプーしないで勤、さもなくば髪をうるおいで乾燥して、剥落が発生して、かゆい.普段は1週間で1~2度でも、アルカリ性を多くの石けんを.

p〉〈時は顔面<>
はよく両手で擦、血液の循環、機体の抵抗力を増加します.毎日朝昼晩が各両手で拭い面に一度、このように根気よく続けて、顔のしわを減らすことができて、風邪の予防
.



1日2回、1日2回、毎回50下左右、続けて、風邪を防ぐことができます.風邪が起こっても、程度の上では軽い.



を維持するために目の活力、古人は既に目宜常运で養生を一つだけ要则ので、目を閉じて静養する」のではなく、意識の視力を堅持しなければならない.目宜常运の運は、最も簡単なのは眼球を左右に、上下に向け、まばたきを遅らせる堅持し、視力が衰える.また、室内では4メートル以内で窓角がまばたき、繰り返し、屋外では遠く、ある1景物を観察する目的である.



昔は昔から耳を大切にしている.毎日左手で頭を握って、右の耳にじゅうよん引上げ、そして右手で同様の方法で引上げ左耳じゅうよん下、朝晩の各1回.まだ使用手耳を覆い、回転頭部35度散風魔除け,そしてまた第に指圧中指、弾を忘れ、左右に各弾24度にボスがかすむ.雑談時は手でマッサージ耳介、人差し指と親指を貼り耳介内、外側に、相対的にこねて、月日のたつことを維持して、腎臓の息の、聴解と増加不凍能力.

口腔
にして,目の健康、歯の保護、毎日朝晩、各歯を磨いて、歯を保護して、歯を保護して、歯を保護して、歯を保護して、歯を保護して、毎日朝晩それぞれ1回を磨いて.また、毎日に叩齿じゅうご回ぐらい、他に伝」